消費者金融の限度額の決まり方

消費者金融審査甘いでお金を借りる時は意外と簡単に借りることが出来ます。敷居が低いため、こんな簡単に借入れすることが出来るのかと驚き、油断をしている人はおそらく何度も借入れをするでしょう。やがて数百万円の借金が出来上がり返済することができなくなります。このように消費者金融は比較的お金を借りやすいという特徴があります。
ただし、いくらでも借りることができるかと言えばそんなことはありません、限度額があるからです。では、限度額はどのように決まっているでしょうか。
まず、消費者金融の価値観によって限度額は変わってきます。500万円の所もあれば800万円の所もあります。これは、消費者金融の資力的な問題も絡んでいると言ってもいいでしょう。決まり方としては価値観や資力になります。
ただし、限度額が高くてもいきなり満額借入れられる訳ではありません。やはり、貸金業者としても信頼出来る人にしか貸してくれないのです。では、どうしたら上限まで借入れをすることができるでしょうか。その1つは時間をかけることです。最初の上限は大抵は20万円から30万円ぐらいになりますが、時間を経過するごとに50万円になり100万円になります。100万円まで借りられるとすれば、やはり最初の借入れから1年半ぐらいはかかるでしょう。消費者金融との間に信頼関係が必要になります。
ただ、貸金会社としてもできるだけ上限を上げたいと思っているので、真面目に返済していれば、上限が上がっていくのはそれほど長い期間はかかりません。